コンタクトレンズや眼に関する事

コンタクトレンズ装用と円錐角膜

円錐角膜とは


角膜が前方に突出する疾患です。
初期の段階では診断がつきにくく、乱視と判断されることもあります。
思春期頃に発症し、徐々に進行します。
進行の度合いは人により様々で、数ヶ月の間に進行することもありますが、何年もかけて進行する場合もあります。

円錐角膜の原因

はっきりとした原因はまだわかっていません。
一般的には遺伝性の疾患ではないといわれています。
アトピー性皮膚炎に合併することもあります。

円錐角膜の症状

初期は視力低下や、物がゆがんで見えるといった症状がでます。
左右の目で見え方に差が出る場合もあります。
病気が進行すると角膜混濁を生じ、急速に視力が低下することがあります。

円錐角膜の治療

初期はメガネ、中程度ならハードコンタクトレンズを使用して視力を矯正できます。
ハードコンタクトレンズを装用することにより、角膜と突出を抑える効果があるようです。
さらに進行した場合は、角膜移植の手術が行われます。

円錐角膜とコンタクトレンズ

円錐角膜が進行するとソフトコンタクトレンズではうまく視力矯正ができないため、主にハードコンタクトレンズが使われます。
通常のハードコンタクトレンズで視力矯正が難しい場合は、円錐角膜用のハードコンタクトレンズを使います。

また、ソフトコンタクトレンズの上にハードコンタクトレンズを重ねるビギーバックという方法もあります。

■コンタクトレンズや眼に関する事 に戻る■