コンタクトレンズや眼に関する事

コンタクトレンズが外れなくなってしまったら…

コンタクトレンズにまつわるトラブルは様々なものがあります。
ここではコンタクトレンズが外れなくなってしまったという場合の対処法をご紹介します。

最初に外れないときに多い事例は?

コンタクトレンズが外れなくなる原因は、人によってさまざまです。
よくある事例としては、
・コンタクトレンズがどこに行ってしまったか分からず、外すことができない
・レンズが目に貼りついてしまい、外れない

この2つです。
ここでは主な対処法をご紹介いたします。

CASE1あわてずに、目を確認しましょう

最初に確認して頂きたいことは、まずはあわてずに、コンタクトレンズが目に入っていることを確認して 下さい。
コンタクトレンズは、決して目の中に入ったり、目の裏にまわったりはしません。
鏡を見て、目を左右上下にゆっくりと動かしてコンタクトレンズがどこにあるか確認して下さい。

うまく探せない方、
なかなか見つからない方は
目を傷つけてしまう恐れがありますので、
無理せず眼科に受診しましょう。

CASE2レンズが目に貼りついてしまっている場合

コンタクトレンズの上からさせる目薬があれば一滴落とし、なければしばらく目を閉じて自分の涙で目を潤してください。 その後余分な水分をふき取ってください。

コンタクトレンズが正常の位置にある時、落ち着いていつものようにコンタクトレンズを外してみて下さい。

外れない時は、まぶたの上からそっとコンタクトレンズの縁にあたる場所を押さえます。
ゆっくり目を耳側にずらすと、コンタクトレンズが浮き上がって外れてきます。
コンタクトレンズが白目にずれて動かなくなってしまっている時も同じです。

それでも外れなかったら?

それでも外れなかったら、洗面器に水かぬるま湯をいれ、顔をつけて、水の中で瞬きをしてみて下さい。そうすると外れる場合があります。

※その際、両眼にコンタクトレンズをしている場合は片目ずつ行いましょう。
両目でパチパチしていますと、コンタクトレンズの左右がわからなくなってしまう場合があります。

CASE3探しても見つからない場合

探しても見つからない時は、落としてしまった可能性も高いです。
ただ、落としたコンタクトレンズが見つからない時、また、症状がなくても目の中に残っている事がありますので、念のため、眼科受診が必要です。
決して自己判断はせず、少しでも不安が残る場合は眼科受診しましょう。

Jコンタクトは眼科と隣接しております。
新宿店の隣接眼科および池袋店の隣接眼科でも診察を受け付けています。

今回のトラブルケースですと、強引に外そうとしてコンタクトが破れ、目の中に破片が残ってしまうという場合もあります。
あわてず適切に対応し、難しければ眼科へ受診しましょう。
外れなくなることが多い方には、比較的外しやすいコンタクトをおすすめしたりなどアドバイス致します。
お客様ひとりひとりにご満足いただけるよう、当店ではレンズの種類を豊富にご用意しております。

コンタクトレンズにトラブルは付き物。
コンタクトレンズトラブルがあったときに、すぐ診てもらえる、
しっかりした眼科が隣接しているコンタクトレンズ販売店で購入しておくと便利ですね。

おすすめコンタクトレンズ~比較的外しやすいコンタクトレンズはこちら!~

※外しやすさの感じ方には個人差があります。

メルマガではさらに色々とためになるコンタクトレンズの知識を発信しております。

メルマガではさらに色々とためになるコンタクトレンズの知識を発信しております。
コンタクトレンズ購入がとってもお得になるクーポンも随時配信中です!

■コンタクトレンズや眼に関する事 に戻る■