コンタクトレンズ使用による眼疾患/池袋と新宿のコンタクトレンズ店

コンタクトレンズ使用による眼障害

現在コンタクトレンズは、視力矯正の方法として、多くの人に使用されています。しかしその反面、誤った使い方により、様々な眼障害を引き起こす可能性があります。
角膜の細胞に必要な酸素は主に、外気から眼球表面を覆っているので涙の層を通して運ばれます。コンタクトレンズはこの経路を邪魔します。そのため、眼疾患を引き起こすのです。ここでコンタクトレンズ使用による主な眼疾患をあげます。

*角膜上皮(じょうひ)障害

*角膜内皮(ないひ)障害

*角膜血管新生

*巨大乳頭(にゅうとう)結膜炎

コンタクトレンズ使用に関係のない眼障害へ


(C) 2000〜2012.池袋、新宿のコンタクトレンズ.Survival Ltd. All Rights Reserved.