Jコンタクトの取扱い商品

メニコンメニフォーカルZ

  • ハードコンタクトレンズ
  • 遠近両用
メニフォーカルZ
医療機器承認番号:21100BZZ00774
処方箋価格(税込) 1枚/取扱いあり
メニフォーカルZは、「ビジョンクオリティ(見え方の質)」を徹底的に追求したコンタクトレンズ
メニフォーカルZは、遠用と近用度数の間に視点の切り替えをスムーズに行うための移行部があります。
遠く・近くの見え方がより自然になるように設計されており、他の交代型ハードと異なる点になります。
メニフォーカルZ
メニフォーカルZは遠近両用コンタクトレンズの種類では、同心円型の交代視というタイプになります。
交代視型は、慣れるまでに少し時間がかかりますが、中心部の遠用度数から完全に外れて近くの度数の部分を見るため鮮明に見ることが可能です。
同心円とは、中心を共有し半径が違う円のことで、射的の的のようなものです。その上に遠くを見る度数、近くを見る度数がそれぞれ乗っているレンズが同心円型と呼ばれます。現在の遠近両用のコンタクトレンズはすべてこのタイプに分類されます。
遠方・近方2種類の度数がハッキリと分かれている2重焦点(バイフォーカル)のレンズになります。
度数がはっきり分かれていることで、にじみが少なく、鮮明にみることができます。
「2重焦点コンタクトレンズデザイン」と「移行部」でナチュラルな視界を実現
メニフォーカルZ
メニフォーカルZのデザインは、レンズの中央が遠くを見るための度数、その周辺が近くを見るための度数になっています。
遠用部と近用部の間に移行部という視界のぼやけを軽減させる働きを持つ部分があり、そのため物の大小の変化が起きにくくなっています。
移行部があると、遠用の度数と近用の度数がかぶらないので、遠く・近くの見え方がより自然になるということが最大の特徴です。
また、近用度数のための加入度数も+1.00、+1.50、+2.00と3種類あるので、初期の老視から成熟した老視まで対応可能です。
レンズのデザイン
標準的な直径は9.8mmと大きいため、角膜上での動きは小さくなり、視力の不安定さを最小限にすることができます。
小さい黒目やレンズの動きが小さい場合のために9.6mmも用意しています。
素材へのこだわり
ハードコンタクトレンズならではの優れた乱視矯正力と世界最高レベルの高酸素透過性素材ZOMAを使用。
最長1週間の連続装用も可能な瞳にやさしいコンタクトレンズです。
メーカー常備在庫
◆ ベースカーブ: 7.30~7.40mm(0.10間隔) 7.50~8.30mm(0.25間隔)
◆ 度数:-1.00~-8.00(0.25間隔)
◆ 直径:9.6mm 9.8mm
◆ 加入度数+1.00 +1.50 +2.00
◆ メーカーサイトはこちら
お問い合わせ頂ければ、
スタッフが更に詳しくご説明いたします。
新宿店03-5363-0506
池袋店03-5953-6331

こちらのコンタクトレンズのお試しや処方をご希望の方は、各店舗の隣接眼科へご来院ください。

■取扱い商品検索一覧へ戻る■